住みやすさを考慮して一戸建て選びを始めよう

室内

安心の家づくり

住宅模型

住環境の優れたエリアとして人気の神奈川県内で注文住宅を建てる際には、コンセプトが一致していて、安心して任せることができる業者を選ぶことが大切です。人気のハウスメーカーでは、完全な自由設計に対応したり、保証やアフターサービスを充実させて、後悔しない家づくりを提供しています。

もっと知ろう

新しい家に住む

家

新築物件のメリットは、中古住宅には無い便利さや自由度だと言えるでしょう。分譲住宅か注文住宅の二つから選ぶのが基本です。埼玉県は東京からも近い場所にあるベッドタウンで、ショッピングモールなども複数あります。住むときにも便利な場所なのです。

もっと知ろう

希望を叶える住宅

室内

名古屋には施主の希望条件を叶え住宅を建ててくれる工務店が各地域に点在しています。これら工務店の特徴はリーズナブルな価格設定と高品質な住宅というメリットに加え、心地よい生活環境を形成してくれるという利点も兼ね備えているのです。

もっと知ろう

敷地条件を考える

積み木

敷地全体を把握する

杉並区に建てる一戸建ての設計は、まず敷地条件を考えることからスタートします。どんなに良い部屋の並び方を思い浮かべても、それだけの面積が取れなかったり、部屋の日当たりが悪ければ、考え直さなければならないからです。特に、より開放感のある日当たりの良い一戸建てを杉並区に建てたい時には大切な作業です。敷地条件としては、まず、杉並区の敷地の形があります。比較的整った形の場合は、建物の形も自由度が高くなりますが、不整形、間口が狭い、旗竿のような形で路地部分がある奥まった敷地では、十分に検討する必要があります。同時に日照、通風、眺望、騒音など杉並区の環境をチェックし、道路との関係にも注意します。道路の接し方によって、玄関へのアプローチの経路も決まりますし、南側に道路があるか、北側に道路があるかによっても、一戸建ての適した配置が変わるからです。駐車スペースの置き方なども、一戸建ての中身を考える前によく検討しておきます。一方、法規制として、都市計画法に基づく建物も大きさや形に関する制限があります。建ぺい率、容積率、斜傾制限などの条件は、最寄りの役所の建築指導課など担当部署で確かめておきましょう。さらに、近隣との関係にも注意しましょう。窓やバルコニーの視線、隣の家の日当たりの影響などです。こうした点に配慮が足りないと、建設を始めてからトラブルになることもあります。間取りを考える際には、まず敷地の諸条件を十分にリストアップして整理することが大切です。